ようこそファッション好きへ
コーチ(COACH)
アバクロ(Abercrombie&Fich)
ディーゼル(DIESEL)
ファッション

結婚式で迷わないレディースファッション

最終更新日:2014/9/11

親しい友人の結婚式、上司・部下の結婚式。
結婚式が多いこのシーズン、近々結婚式に招待されている方も少なくないでしょう。
結婚式に呼ばれて何を着ていくか迷わない人はまずいません。
せっかくだからおしゃれしたい、でも結婚式のレディースファッションマナーがわからない!なんて方のために、結婚式で迷わないレディースファッションについて紹介していきたいと思います。

結婚式のレディースファッション〜ドレス編〜

まずレディースファッションの中心、ドレスからです。
大原則として、白い色はダメですよね。
花嫁さんのウェディングドレスをかぶってしまい、一般的にマナー違反です。
クリーム色などはどうかと悩みどころですが、ウェディングドレスも必ずしも純白ではなく、オフホワイトであることも多いので遠目から白と間違われる色は控えるのが無難でしょう。
また、白とは逆に黒いドレスもあまり好ましくないとされています。
ラメ入りなどの華やかな黒いドレスもありますが、喪服を連想させるような黒いドレスはやめましょう。
また、ドレスが黒い場合は羽織ものを明るい色にしたり、華やかなアクセサリーを付けたりするという方法も良いでしょう。
その他の色でも、真紅のドレスややけにボリューム感のあるものなど、花嫁さんよりも派手な印象を与えかねないものは控えましょう。

結婚式のファッションマナー

他にも結婚式でのレディースファッションには色々とマナーがあります。
挙式・披露宴では肩の露出はマナー違反なので、露出の多めなレディースファッションにはボレロやストールを羽織りましょう。
ですが、打ち解けた仲間が集まる2次会などでは着用しなくても大丈夫です。

結婚式の靴選び

次はシューズについてです。
シューズも立派なレディースファッションの一部です。
しっかりマナーを守りましょう。
まず、かかととつま先の出ているものはNGです。
しっかりと覆われているものを選びましょう。
色にはあまり規定はありませんが、できる限りフォーマルなものを、さらに言えばヒールは細めの方がおすすめです。
素足はもちろんだめですよね。
タイツではなくナチュラルなカラーのストッキングにしましょう。

結婚式に参加する際の小物選び

また、バックについては小さくてフォーマルなものを選びましょう。
明らかなブランド物とわかるものは品がなく見えるので控えた方がよいかもしれません。
各々のスタイルに合わせて定番のクラッチバッグやガーリーながま口バッグなど合わせる方が多いようです。
他にレディースファッションで重要なのがアクセサリーです。
パール等は定番ですが、ブラックパールの着用はいけません。
他にも昼間に行う式と夜に行う式ではアクセサリーを付け替えた方がいい場合もあります。
たとえば、昼間は光り物は避けた方が無難ですが、逆に夜は多用した方が華やかでおしゃれです。
式でのレディースファッションでの小物使いはなかなか難しいものですが、上品で大き目なコサージュなどが使いやすいのでおすすめです。
髪はだらしなくないようにしっかりとまとめて、ロングの方の場合何かしらのアレンジをするのが基本です。

髪飾りなども全体のレディースファッションに合わせて選びたいものです。
結婚式のレディースファッションは色々と決まり事が多くて大変ですが、ドレスもシューズもアクセサリーもそこそこのお値段なのでしっかりと下調べをして、失敗のないようにしたいですね。

注目サイト

スカイグループの製品
http://www.sky-g.org/

最終更新日:2017/2/14

当サイトはファッションのことについて語ってます。ご自由に楽しんでください。
copyright c 2009 ファッション好き Allrights Reserved.